千葉高速ものがたり2

延伸先の決定

県営鉄道の延伸先を決める際、連隊線が延びていた千葉方面の他、八千代台方面に延ばすことも検討されていた。しかし、八千代台方面延伸へ検討していることが明らかになった途端、京成電鉄が「八千代台の需要を食い合う」「もし八千代台延伸が実現した場合、佐倉・成田方面から八千代台で県営鉄道に乗り換え、当社の遠距離利用にも影響が出る」として反発した。前者はともかく、後者については、乗り換えが2回となり(八千代台と津田沼)、実際に延伸したとしてもそこまで影響はなかったと見られる。ただし、県営鉄道はこれと同時に国鉄総武線への乗り入れも模索しており、総武線乗り入れも成立した場合には京成が大打撃を受けるのは間違いなく、京成の発言はむしろこちらを念頭に置いたものと思われる。

また県としても既に路線がある八千代台に敢えて新線を造る必要はないとして、前ページでも述べた通り、既定通り花見川団地方面へ延伸することになった。

しかし、花見川団地なら京成が影響を受けなかったといえば、それも怪しい部分がある。というのも、八千代台駅利用の一角を占める花見川団地利用者が県営鉄道に流れることになるため、この部分では影響があったと言えよう。

花見川団地延伸

かくして、1968年には花見川団地の入居に合わせた延伸が行われた。もちろんターミナルが津田沼から離れていたままではよくないので、津田沼駅北口の土地が整理されたのを機に、国鉄津田沼付近までの延伸も行われた。これにより国鉄線への乗り入れは終了した。

花見川団地延伸が県営鉄道の本格開業とされ、新型車両2000系も同時に導入された。

さつきが丘延伸

花見川団地延伸後は千葉方面への延伸を目標とすることになったが、千葉市の交通政策との兼ね合いもあり、ここからは部分的な延伸が続く。

1972年に花見川団地から少し先のさつきが丘に延伸した。

その後は鉄道(県営鉄道)で千葉方面延伸にする方針が固められたが、オイルショックにより一旦建設が中断する。

こてはし延伸

1981年にようやく延伸を再開することになったが、度重なる増発などで既存車両基地が手狭になっていた。そこで花見川団地で分岐し犢橋地区に至る路線を造り、犢橋に車両基地を建設することになった。この車両基地は、千葉延伸はもちろんとして、将来の都心直結を見越した規模とされた。また犢橋地区の住民の要望で旅客化が希望されたことから、旅客運転を行うことになった。この他「犢橋」が読みにくいことから駅名は「こてはし」とされた(路線名は漢字の「犢橋」を使用している)。

千葉延伸へ

千葉市が一度モノレールを計画したことで紆余曲折はあったものの、最終的に地下鉄(県営鉄道)として開業することで決着し、1984年にさつきが丘~千葉間が延伸された。これにより「旧鉄道連隊線の旅客化」は達せられたことになる。

更に1987年には、観光利用を目的にポートタワーまで延伸された。なお千葉高速の立場としては、ポートタワー延伸をもって千葉津田沼線の建設は完了した(延伸はしない)としているが、市原市より製鉄所・浜野方面延伸の要望がなされている。

  • 最終更新:2017-12-18 17:53:14

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード